水は賞味期限が短くて備蓄できない?上手に飲めば備蓄ができる?! | ウォーターサーバーを乗り換えたい!今得するウォーターサーバー業者


ウォーターサーバーの不満を解消!
今度は失敗しない選び方

水は賞味期限が短くて備蓄できない?上手に飲めば備蓄ができる?!

現在、飲み水にも料理に使う水の確保にも多くの方が利用されているウォーターサーバーですが、良く考えてみますと水ボトルを長期間保存するなんてちょっと勇気が必要だと思いませんか?

実は、ウォーターサーバーに使用する水には大きく分けると2種類(天然水とRO水)がありまして、消費量によって使い分けることで水に質を落とさずに飲み続けることが可能なのですよ。

最新式のウォーターサーバーでは、自動的にサーバー内の空気や水を循環することによってクリーニングする機能がついていることが多く、従来式のサーバー構造よりも水質を長く保つことできる能力に長けているのです。

しかし、どのようにクリーニングの質が抜群でも、水質の自然劣化というものは避けることができません。これによって、1か月以上の長期間貯蓄を前提とするのであれば、比較的劣化の速度が遅いと言われる天然水を使うことが良いとされるのです。

RO水の場合、非常に味も美味しく不純物は限りなく0に近いのですが、全く不純物が無いだけに劣化も速く長期備蓄には向いていないのです。

よって、ウォーターサーバーにて水をできるだけ長く保存して飲み続けるコツを整理すると、(1)最新式のクリーニング機能の付いたウォーターサーバーに変更し、(2)空気の入りにくいクラッシャブルボトルの水を使い、(3)使用する水は天然水を使う、ということになります。

その他、冬のような寒い時期であればRO水の利用でも構いませんが、賞味期限も考慮して出来るだけ早い消化をすることを心がけましょう。